Jump to content
Arquitectura.pt


Japao | Hall House | Alphaville


Recommended Posts

  • 1 year later...
Imagem colocada


TEXTOS DO AUTOR

Hall House 1

This house involves many urban aspects although it stands in the middle of suburban area.Focused on a couple’s spare time, parking lot, billiard-theater, dining-kitchen and bedroom with bathroom are contained in one hall changing their heights according to the slope of the front road.The inclined hall is bended at an angle of 70 degrees to fit into the irregular shape of the site, and the gap of the first and the second-floor become the terrace letting the light plentifully into the whole house. These differences of heights, not a right-angled overlapping of spaces, overlapping use of places, and indirect lighting make various gradations and deepness inside the one-room, it means that this house is on one hand simple enough to perceive whole space, and on the other hand complex enough to find something unpredictable from each corner, as if you come across fragments of contemporary city. To realize thus formed pentagonal plan, a monocoque structural system was adopted. The folded shape of fare-faced concrete structure with the new type of water repellent, allowed to form the hall of 6m span with the only thickness of 15-18cm, to make directly the exterior roof and wall the drainage to let the rainfalls run down to the ground, not using parapet nor gutters, and to envelop the interior space according to each need just like a fabric. And the face of the material makes this house look like a part of the ground, something natural as if it were an open space in the city. And in this case, as the scale of the building was not huge, the exterior form can directly express the structure, which envelops the interior space, and this monocoque structural system of reinforced concrete allowed us to express the individual need to external circumstances.


ビリヤードをするために幅6m、100インチの映像を楽しむために長さ5m、というホールを内包する住宅である。敷地は閑静な住宅街と学校にはさまれ、いびつでかつ高低差の大きい道路に面している。駐車場とそれにつながるホール、ダイニングスペースは道路に平行かつ階段状に、そしてホールにうかぶベッドスペースは背面の住宅に平行に配し、そのずれた残余が、道路のむこうがわの校庭にむかってデッキになっている。プライバシーの確保と防音の目的から閉鎖的なこの住宅の中で、大きく開かれたこのデッキは、住宅全体に採光するための開口部でもあり、そのためデッキに隣接した風呂はガラスボックスとした。またスキップしたホールを覆う傾斜屋根は眺望のよい広場でもあり寝室からスロープを経てのぼることができる。

このような平面・断面がともに不定形な多角形、かつ60㎡の無柱空間を実現するため、ここでは150mmの壁と180mmのスラブからなるRCのモノコックな壁構造を採用した。屋根が折れているのは、空調効率をよくすると同時に、折曲げによってはじめて強度が満たされ、かつひび割れ防止になるというように、全体の3D形状をさまざまな条件を構造家とシミュレートしながら決定した。また外部のRCには浸透性の防水材が塗布し、雨水が屋根から壁を伝って地面に吸収されるような排水システムによって、パラペットや樋、水きりといったディテールが排した。

このようにプログラムとその効率的なレイアウト、コンテクスト、無駄のない構造、工法といったものを同列において方程式を解き、シンプルでありながら多様なシーンの得られる内部空間について考えた。そして壁・屋根・床を同一素材でつくりディテールをなくしたRCモノコック工法は、形体、素材あるいは構造を突出させることなく、内部空間を外部に表現することを可能にしている。このユニークな個人のための舞台装置が、やがて風化しながら土地と一体化し、新たな都市の風景となることを願っている。
Link to post
Share on other sites
  • 3 weeks later...
  • 4 weeks later...

Peça interessante, tenho algumas dúvidas quanto ao carácter e ambiente doméstico que os espaços transmitem e na relação da casa com as construções envolventes mas acho que está tudo explicado neste trecho : 住宅全体に採光するための 開口部でもあり、そのためデッキに隣接した風呂はガラスボックスとした。またスキップしたホールを覆う傾斜 屋根は眺望のよい広場でもあり寝室からスロ

Link to post
Share on other sites

Please sign in to comment

You will be able to leave a comment after signing in



Sign In Now
×
×
  • Create New...

Important Information

We have placed cookies on your device to help make this website better. You can adjust your cookie settings, otherwise we'll assume you're okay to continue.